衛生管理について

衛生管理サービス

eiseikanri_header1 eiseikanri_r5_c4

高齢者の居室およびトイレ、洗面所などのアルコール除菌や除菌出来る洗剤による除菌サービス

eiseikanri_r6_c6

手すり、ドアノブ、各所スイッチ、リモコン、テーブル、トイレ便座・ふた、他、手が触れる箇所

 

eiseikanri_header2

noro_bnr

ノロウイルスやインフルエンザなどの感染力の高い病気にかかった場合の患者以外への感染を防ぐための消毒、除菌サービスを行います。

ノロウイルス

作業者は使い捨ての医療用エプロン、手袋、マスクを着用し、患者の汚物等がある場合は、ウイルスが飛び散らない様にペーパータオルで拭き取りをする。次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すように汚れを拭き取り、その後水拭きして、最後に専用アルカリ性洗剤で拭き上げる。

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザ

咳やくしゃみによる飛沫感染のため、部屋の広範囲をアルコール除菌クロスによる拭き上げ消毒、除菌を行う。部屋の換気は換気扇等がある場合は15分以上、換気扇等がない場合はドアや窓を対角線上2ヶ所開けて、30分以上換気する。

 

 

 

 

 

料金表(参考価格)

サービス 内容 料金
ノロウイルス感染予防サービス (おう吐物処理1ヶ所+1部屋(6畳程度)除菌処置) 15,000円
上記サービス+トイレ 20,000円
インフルエンザ感染予防サービス (おう吐物処理1ヶ所+1部屋(6畳程度)除菌処理) 8,000円
上記サービス+トイレ 10,000円

上記料金は参考価格になります。実際の料金はお問い合わせ後、お見積もりいたしますのお問い合わせフォームかお電話096-285-1083にてお気軽にお問い合わせください。

※注)感染症には様々な感染源があるため、このサービス提供により必ず感染症が予防できると保証するものではありません。

除菌に使用しているのは次亜塩素酸水エヴァ水

eva_sp_400
image-15

eva_chirashi
image-16

プロが使用するエヴァ水の通信販売も行っております。【通販ページへ】

ノロウイルス除菌処理手順

準備物

次亜塩素酸ナトリウム(5%)水で薄めて調整液を作る(作り置きはしない) 45ℓポリ袋 2枚 / エプロン / マスク / 手袋 2枚 / シューズカバー / ペーパータオル / オスカーブルー洗剤(20倍希釈) / 使い捨てチリトリ、ヘラ / 場合によってはスチームアイロン

 

手順1

  1. 玄関前にてマスク、手袋2枚着用 玄関ノブは洗剤にてスプレー後、ペーパータオルで拭く
  2. 玄関に入ってからエプロン、くつカバーを着用
  3. 部屋に入ったら窓を開けて、換気を始める(2ヶ所もしくは1ヶ所と換気扇)
  4. 回収袋を2枚用意して、口を広げておく
  5. 汚物が広がらないように、外側からペーパータオルで覆い、おう吐物と同量の調整液(1000ppm)を静かに注ぐ

手順2

  1. ペーパーで外側から内側に向けて静かに取り除き、一次回収袋に入れる。使用したチリトリ、ヘラも一次回収袋に入れる
  2. 1枚目の手袋を外して、1次回収袋に入れる
  3. 調整液で浸したペーパーでくつカバー表面を拭く。底は調整液を浸したペーパーの上で足踏みする
  4. 一次回収袋に、調整液を内容物がまんべんなく濡れる程度入れ、袋の口をしっかりしばる
  5. 一次回収袋を二次回収袋に入れる
  6. 汚物で汚染された床をペーパーで覆い、専用洗剤を注ぐ。壁は洗剤を浸したペーパーを貼り付ける
  7. 取り除いたペーパーを二次回収袋に入れる
  8. 調整液(200ppm)で浸したペーパーで、床を外側から内側へと拭く。壁は上から下へと拭く(4m×4m×1.6m)
  9. 水拭きする
  10. シューズカバーを外し、二次回収袋に入れる
  11. 手袋、エプロン、マスクを順に外し、都度二次回収袋に入れる
  12. 二次回収袋をしばり、ゴミとして処分する
  13. 手洗い2回、うがいをする

その他、病原性大腸菌O-157.H7、レジオネラ菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌など、ご相談ください。